探査報道ジャーナリスト養成学校

探査報道ジャーナリスト養成学校

探査報道ジャーナリスト養成学校「Tansa School」

日本のマスメディアに対する社会の信頼が揺らいでいます。新聞社やテレビ局は経営難とも相まって、その存亡をかけて喘いでいます。世界に類を見ない数百万部という部数を誇った全国紙も例外ではありません。この20年間で、状況は完全に変わりました。
インターネット社会では誰もが情報を入手し、発信できます。だからこそ、ジャーナリストが社会からプロフェッショナルとして求められるためには、倫理観を伴った高度な技術が必要です。プロにしかできない仕事が探査報道です。自分が暴かなければ表に出ることのない真実を、プロの覚悟と技術で発信するのです。
SNSでアメリカの大統領までもがフェイクニュースを流す時代です。市民もまた「一人一人がジャーナリスト」という意識を持ち、情報入手と発信の技術を向上させることが必要です。
Tansaは2020年11月、「ジャーナリストの更なるプロフェッショナル化」と「市民のジャーナリスト化」を目指して探査報道ジャーナリスト養成学校「Tansa School」を開校しました。Tansaが培った技術と知識を、国内外のベテランジャーナリストや他の職業のプロと連携して伝授します。

単なる講座ではなく「学校」としたのは、市民とジャーナリストが共に学び連帯する場とするためです。探査報道のプロをTansa Schoolから一人でも多く輩出すると共に、社会全体でジャーナリズムを創り上げる機運を醸成していきます。

アドバンスドコース (第1期生募集中)

  • コース概要 〜 名刺がわりになる作品をつくる! 〜

    アドバンスドコースは、8カ月間かけて探査報道(調査報道)の手法を学びながらそれぞれの現場で実践してもらうプロジェクト型のコースです。

    「せっかく手掛けたいテーマや端緒があっても、どうやって成就させていいか分からない」。そんなもどかしい思いをしている人たちに、個別にアドバイスします。探査報道で日本新聞協会賞や日本外国特派員協会の賞を受賞するなど、講師は熟練のジャーナリストです。

    期間中、受講生が集っての4回の研修(テーマ設定、取材手法、記事化などをレクチャー)、月1回程度のオンラインミーティングを実施するほか、常時メールで個別質問を受け付け取材をサポートします。

    本コースを通じて、今後のキャリアにつながる「名刺がわりになる作品」をつくることを目指します。

  • カリキュラム

    スケジュールとカリキュラム:こちら

    定員:10名程度(選考あり)

  • こんな方におすすめ

    ・取材、調査、報道したい具体的なテーマをお持ちの方
    ・受講期間内にご自身で設定したゴールの達成のために時間とエネルギーをかけられる方
    ・探査報道で“名刺になる作品”をつくりたい記者の方
    ・インパクトのある調査結果を発信したいNGOの方
    ・参加している市民活動のテーマでより深く調べ公表したい方
    ・手掛けている案件で質量共に充実した事実を発掘したい弁護士の方
    ・議会での質問で行政を動かしたい議員の方

  • 講師

    渡辺周 Tokyo Investigative Newsroom Tansa 編集長
    辻和洋 國學院大学経済学部特任助教
    依光隆明 朝日新聞元特別報道部長

    講師からのメッセージ: こちら

  • 期間

    第1期:2021年6月〜2022年2月
    第2期:2022年6月〜2023年2月(予定)

  • 料金

    ¥100,000(税込) [内訳:¥12,500×8カ月分]
    *ベーシックコース受講済みの方は、¥10,000割引の¥90,000です。
    *お支払い方法は、クレジットカード、口座振込をご利用いただけます。(クレジットカードの分割払いは後からご自身で設定してください)

ベーシックコース (第2期生を2021年秋募集予定)

  •                        

    コース概要 〜 市民をジャーナリストに、ジャーナリストを一流のジャーナリストに 〜

    だれでもご参加いただけます。ベーシックコース第1期では、全国の新聞社やテレビ局の若手記者、地方議員、NGO職員、社会投資家、学生など44人の方々にご参加いただきました。市民ジャーナリストの育成もモットーにしているので、報道を生業にしない方でも仕事や日常生活に活かせる内容となっています。
    学習内容は、スキル編、マインドセット編、オープンデータ編の3つのカテゴリに分かれます。それぞれ全10回のオンライン授業でお伝えします。オンデマンド配信ですので、好きな時間に何度でもご視聴いただけます。
    動画での授業に加え、対面およびオンラインでの研修会を開催します。国内外から招くゲスト講師は、ジャーナリストや弁護士など様々です。
    そのほか、不定期に開催するオンライン交流会やコミュニケーションツール「Slack」を用いた受講生同士と講師陣のコミュニティ作りに力を入れています。

  • カリキュラム

    スケジュールとカリキュラム: こちら

  • こんな方におすすめ

    ・探査報道ジャーナリストとしてやっていくだけの土台になるノウハウを得たい方
    ・フェイクニュースに惑わされず、自ら情報を精査して発信できるようになりたい方
    ・所属するNGOが取り組むテーマで調査力を向上させたい方
    ・ライフワークの分野で情報収集の間口を広げたい弁護士の方
    ・参加している市民活動の分野で、行政とも渡り合えるような情報取集力をつけたい方
    ・議案チェックや政策推進のための調査力をつけたい議員の方
    ・生徒に情報収集と発信のノウハウを教えたい教師の方
    ・進出する国や分野の、可能性やリスクを調査する力をつけたいビジネスパーソンの方

  • 講師 (第1期ベーシックコース開校時の例)

    スキル編: 渡辺周 Tokyo Investigative Newsroom Tansa編集長
    マインドセット編: 辻和洋 國學院大学経済学部特任助教
    オープンデータ編: 渡辺真希子 学術情報の専門家

    ゲスト講師:
    依光隆明 朝日新聞元特別報道部長
    マーティン・ファクラー 元ニューヨークタイムズ東京支局長
    サイモン・デニヤ  ワシントンポスト東京・ソウル支局長
    喜田村洋一 弁護士
    佐藤慎一 元財務省事務次官

  • 期間

    第1期:2020年11月〜2021年3月
    第2期:2021年11月〜2022年3月(予定)

  • 料金

    ¥66,000円(税込)

お申し込み

  • 受付中

    アドバンスドコース第1期生(10名程度)

  • 今後のプロセス

    申込期間:5月2日〜14日
    選考結果の通知:5月17日〜21日
    受講料お支払い:5月17日〜31日
    第1回目の授業:6月20日

  • お申込フォーム

    お申込みフォーム:こちら
    ※お申込み時にいただいた情報は厳正に管理いたします。
    ※お申込みフォームにある規定をご確認・同意の上、お申込みください。

運営・協力

主催 特定非営利活動法人Tansa
協力 認定特定非営利法人まちぽっと、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)

お問い合わせ

特定非営利活動法人Tansa(contact@tansajp.org)までお願いします。