サポーターになる

探査報道には膨大で緻密な取材とそのための資金が必要です。Tansaの活動に共鳴する方からの寄付サポートをお待ちしております。

マンスリーサポート

金額:ご自由に設定していただけます
特徴:毎月継続してサポートできます

クレジットカードでの寄付
月額 1,000円×  口 

※VISA、JCB、AMEX、MASTER、Diners のカードをご利用いただけます。
                          ※毎月末日に自動で引き落とします。登録月のみ、ご登録日が第1回目の引き落とし日となります。例えば5月30日にご登録の場合、5月30日が第1回目、5月31日が第2回目、6月30日が第3回目の引き落とし日です。
※株式会社ROBOTPAYMENT社の電子決済サービスを使用しています。
※特定商取引法に基づく表記

Syncableでの寄付

寄付サイトSyncableでも寄付いただけます。

ワンタイムサポート

金額:ご自由に設定していただけます
特徴:1回きりのサポートです

口座振込で受け付けております。
下記の振込先にご入金の上、お名前、ご住所、振込名義、サポートの種類(「ワンタイムサポート」)を、メール(contact@tansajp.org)でお知らせください。なお、振込手数料はご負担願います。

                          <振込先>三井住友銀行 浜松町支店(679)普通預金 7775859 トクヒ)タンサ
             ゆうちょ銀行 一三八支店(138)普通預金 1910105 トクヒ)タンサ

Tansaメンバーシップ

金額:1口30万円から(年間)
特典:Tansa理事メンバーとのクローズドの交流会へご招待、会報をお送りします

詳細は、メール(contact@tansajp.org)でお問い合わせください。

  • サポートの使い道

    人件費:記者や事務スタッフの生活を支えるお給料になります。今は人件費が不足しており、記者や事務スタッフはTansa以外の仕事を兼業せざるを得ません。充分な人件費を払い、メンバー全員がTansaの仕事に専念できることを目指しています。
    取材費:探査報道に必要な取材にかかる経費です。旅費交通費、リサーチ費、書籍・資料代などに使います。
    事業費:記事を掲載するウェブサイトの維持費、データベース製作費、シンポジウム開催費などに使います。
    その他、事務所の維持費や設備費、運営費などに使います。

  • よくある質問

    Q1:法人や団体名義で寄付できますか?
    A1:事前に広報(contact@tansajp.org)までお問い合わせ下さい。探査報道組織としての独立性を担保するため、進行中の取材内容によっては寄付をお断りする場合がありますのでご了承下さい。
    Q2:領収書はもらえますか?
    A2:はい、お渡しします。毎年1〜12月分を集計し、翌年1月に発行しています。お急ぎの場合は、別途お問い合わせ下さい。
    Q3:マンスリーサポートは、途中退会できますか?
    A3:はい、可能です。メール(contact@tansajp.org)でご連絡ください。
    Q4:サポートについての質問窓口はありますか?
    A4:ご不明な点はこちら(contact@tansajp.org)へお問い合わせください。