公害「PFOA」

健康への影響を否定したダイキン/米国7万人の疫学調査で証明されても(11)

2022年02月11日22時44分 中川七海

PFOAは、がんや甲状腺疾患など健康被害を引き起こすことが世界中の研究で判明している。米国のPFOA製造工場では、PFOAに被曝した妊婦の労働者7人中2人から、目に疾患がある子どもが生まれた。2019年には、国際条約でPFOAの廃絶が決まった。

ところがPFOAを製造してきたダイキン工業は、健康への影響を否定していた。ダイキン、大阪府、摂津市による3者会議の議事録から判明した。

うちのフライパン大丈夫?

2021年11月、Twitter上に、あるツイートが投稿された。

米国でのPFOAの公害を描いた映画『ダーク・ウォーターズ』の予告動画とともに、次のような内容が記されていた。

「今までホームセンターでサイズと軽さと安さで選んでたフライパンだけど、PFOA不使用のモノを買ってきた」

フッ素加工のフライパンには、PFOAが使われてきたものがある。投稿した人は映画の予告を見て、そのことを知ったのだ。

この投稿を見た人からは返信があった。

「知らんかったー! 」

「うちのフライパン、アイリスオーヤマだったけど、サイトが重くて開かんので調べるの、昨晩は諦めました😂」

そのやり取りに、名前が挙がった日用品メーカー「アイリスオーヤマ」の公式アカウントが割って入った。

「突然のご連絡で失礼いたします。この度はご心配とご迷惑をおかけし申し訳ございません。PFOAについてですが、弊社製品では使用しておりませんので、ご安心いただければ幸いです。何卒宜しくお願い致します」

直接尋ねられたわけでもないのに「PFOA不使用」をアピールするアイリスオーヤマ。背景には、PFOAの健康への影響が国際的に認められていることがある。

ではPFOAを製造していたダイキンは、健康への影響についてどう考えてきたのか。

7万人調査で判明した「妊婦の疾患」や「がん」

PFOAの健康への影響をめぐり、節目となった出来事がある。米国の「独立科学調査会」による7万人への疫学調査だ。2012年に結果が公表された。

調査は、PFOAを製造していたデュポンと、被曝した工場周辺の住民との裁判がきっかけだった。裁判は住民側に7000万ドル(約80億円)をデュポンが支払うことで2004年に和解。疫学調査の費用としてデュポンが500万ドル(約5億8000万円)を負担することも決まった。独立した立場の科学者たちによる調査会ができ、疫学調査が始まった。

調査には、7年の歳月を要した。その結果、次の6疾患への影響が確認された。

①妊娠高血圧症ならびに妊娠高血圧腎症

②精巣がん

③腎細胞がん

④甲状腺疾患

⑤潰瘍性大腸炎

⑥高コレステロール

デュポンとの裁判を手がけた弁護士のロバート・ビロットは、Tansaの取材に対し次のように述べた。

「これは最大規模の疫学調査です。独立した科学者たちが実施し、PFOAが6つの疾患につながることを確認したのです。企業が健康影響を否定しても、科学が真実を証明したのです」

ダイキン、「健康影響」ではなく「環境影響」

しかし、米国での疫学調査の結果が2012年に出てからも、ダイキンはPFOAの健康への影響を認めなかった。

2013年6月に発行した『ダイキングループCSR報告書2013』では、PFOAについてこう記述している。

「環境影響が懸念されているフッ素化合物」

健康への影響があるとは書いていなかった。

だが、PFOAの健康影響は年を追うごとに明らかになっていく。

2016年12月に開かれたダイキン、大阪府、摂津市による3者会議でのことだ。摂津市の担当者は、健康被害が出ることはないか疑問を呈した。

ダイキンの担当者は、PFOAが生殖部位の疾患や肝臓がんに影響するという米国の疫学調査の結果を否定し、こう答えた。

「ダイキン工業として、あるとは考えていない」

2年後の2018年12月の3者会議でも、摂津市の担当者の質問で、PFOAの健康への影響が話題になった。

「アメリカでの訴訟としては、どういったことが論点となるのか」

ダイキンの担当者が答える。

「体に入って病気になる。自分の体にそういった物質が入ること自体が許せないということ。デュポンの訴訟があり、PFOAと病歴(腎臓等)との関連性はあるとされた。3Mやケマーズ等が訴えられている」

ダイキンは、米国の訴訟で健康被害との関連が認められたことを伝えたものの、ダイキンとしての見解は示さなかった。

「安全な水を世界中に」?

ダイキンが健康への影響を認めない一方で、2019年5月、国際条約でPFOAの廃絶が決まった。その年の12月には、欧州環境庁がPFOAによる健康への影響を公表した。各国の調査結果をもとに、PFOAを含む有機フッ素化合物の影響をまとめたものだ。

悪影響の数は、2012年の米国の調査結果が6項目だったのに対し、16項目に増えた。次の8つは「確実性の高い影響」と認定した。

①甲状腺疾患

②高コレステロール

③肝障害

④腎障害

⑤精巣がん

⑥乳腺の発達遅延

⑦ワクチン反応の低下

⑧低出生体重児の出生

欧州環境庁のウェブサイトより=確実性の高い影響のみを日本語に訳して抜粋

では現在、ダイキンは健康への影響を認め、消費者に周知しているのだろうか。ダイキンのウェブサイトを探索してみた。

トップページには、PFOAに関するページは見つからなかった。辿り着くには、次の手順が必要だ。

①トップページ中央の「フッ素化学」を選択

②ページ上部の「事業紹介」のタブを選択

③上から4つ目の「サスティナビリティ」を選択

④ページ下部の「PFOAに関する当社の取り組み」を選択

「PFOAに関する当社の取り組み」のページには、冒頭にSDGsのロゴが掲載され、「安全な水とトイレを世界中に」「つくる責任、つかう責任」とある。

本文では、2015年にPFOAの製造を終了したことについては書かれていた。「持続性のある化学物質管理の一環」がその理由だという。

しかし、健康への影響については触れられていなかった。

=つづく

(敬称略)

\本シリーズの取材費を募集しています/

 

Tansaは、企業や権力から独立した報道機関です。企業からの広告収入は一切受け取っていません。また、経済状況にかかわらず誰もが探査報道にアクセスできるよう、読者からの購読料も取っていません。

一方で、深く緻密な探査報道にはお金がかかります。Tansaの記事を支えるのは、主に個人の寄付や財団からの助成金です。本シリーズの取材を続けるため、サポートのご検討をお願いいたします。

 

<<寄付はこちら>>

 

※寄付は1,000円から可能です

公害「PFOA」一覧へ